×
スポーツ

森本貴幸が飲酒運転ひき逃げ事故!実刑で引退も?パラグアイの法律を調査!

森本貴幸が飲酒運転ひき逃げ事故!実刑で引退も?パラグアイの法律を調査!

2021年3月17日の報道で、

パラグアイ1部スポルティボ・ルケーニョに在籍の元日本代表FW森本貴幸さんが

飲酒運転で交通事故を起こして逮捕されたことがわかりました。

ひき逃げしたとあって、日本でもかなり話題となっていますが

パラグアイではどのように裁かれるのでしょうか。

【画像】森本貴幸がパラグアイで飲酒運転ひき逃げ事故!

森本貴幸がパラグアイで飲酒運転ひき逃げ事故

パラグアイの現地メディア『abc』によると、

2021年3月16日、

パラグアイで車を運転していた森本さんがバイクとの接触事故を起こしました。

その際、バイクの運転者を救助せずにその場から立ち去ったそうです。

その後、警察の調べを受けた森本さんからアルコールが検出されました。

森本さんからはアルコールが0.41mg検出されています。

このアルコール量は

  • ビール瓶10本
  • 日本酒1升超
  • ウィスキーボトル1本超

ということで、かなりのアルコールを摂取していたことがわかります。

このような状況の場合、意識がはっきりしなかったり言葉がきちんと喋れない

などの状況となるため、事故を起こした際も

正常な判断ができなかった可能性がありますね。

事故画像はこちら。

森本貴幸の飲酒運転ひき逃げ事故画像

車の右側がかなり破損していますね。

バイクに乗っていた方は、幸いにも、足を怪我したものの命に別状はないようです。

森本さんは、負傷者を救助せずにその場から立ち去った理由について

「恐怖を感じて現場から離れた。

警察の場所も分からなかった」

と供述していたようです。

警察の場所がわからなかったことと、負傷者を救助することは全く別物ですし

恐怖を感じで離れたというのもただの言い訳ですね。

飲酒運転を恐れて一旦立ち去ったとしか思えません。

2021年現在32歳の森本さんは、2021年2月にルケーニョへと加入したばかり。

「パラグアイのスポルティーボ・ルケーニョでプレーする事になりました。新世界を楽しみます」

と言っていた矢先の出来事でした。

ネットの声

ネットでも厳しい声が上がっています。




パラグアイの法律は?飲酒運転&ひき逃げは重罪?

そして気になるのが、森本さんの今後の行方。

パラグアイの法律ではどのように裁かれるのでしょうか。

  • 飲酒運転
  • ひき逃げ

この場合、実刑4年以上はほぼ間違いようです。

そのため、刑期が満了しても、

4年間トレーニング不可・実戦なしの森本さんを日本でも、他国チームでも獲得する気すら起きないでしょう。

実質引退ではないかと言われています。

※参考として、同じ南米ブラジルで、飲酒運転をして実刑4年という判決が下っています。

この場合、飲酒運転のみでひき逃げは入っていませんので、さらに刑期が長くなる可能性もありますね。

ただ、2011年の情報ではありますが、パラグアイでの交通事故のうち

60%が飲酒運転に絡むものと言われています。

この数字は、世界第7位の数値です。

交通事故を起こす人の半分以上は飲酒運転ってかなり酷いですね。。

また、パラグアイでは、10人に1人は飲酒運転をしているという情報もあることから、

そこまで珍しい事故ではないかもしれません。

さらに、無免許で運転していることも珍しくないようで、事故が起きても相手が逃げてしまうことも。

警察も賄賂が横行しており、あまり機能していないこともあるようですので、実際にここまでの重罪となるのかは不明ですね。

賄賂次第、という可能性も十分あるかもしれません。。

ちなみに、ある日本人がパラグアイで交通事故を起こした際

相手は無免許&無保険だったため、連絡先を残していなくなってしまったそう。

そのため、自ら警察に出頭?したそうなのですが、その時は実刑などもなく

国外に出るのは半年間NG

という条件だけだったそうです。

今回の森本さんの場合は

飲酒運転かつひき逃げを起こしているので、実刑は免れないかと思いますが

それでも賄賂などによっては軽く済む可能性も十分ありかもしれません。




まとめ

今回は、森本貴幸選手の飲酒運転ひき逃げ事故について調査しました。

パラグアイという土地で起こしてしまった飲酒運転の事故ということで

恐怖もあったかもしれませんが、人命を優先しない行為はどこの国でもあり得ないことだと思います。

森本選手の今後を思うと、大変残念な結果になってしまったな、と感じます。

RELATED POST