×
YouTuber・有名人

宇佐見りんの学歴|大学や高校はどこ?学生時代の天才エピソードも!

宇佐見りんの学歴|大学や高校はどこ?学生時代の天才エピソードも!

2021年1月20日、宇佐見りんさんが第164回芥川賞を受賞されました。

そんな彼女は、なんと現役の大学生。

2019年に作品「かか」で文藝賞を受賞&三島由紀夫賞を最年少で受賞しました。

さらに次の作品「推し、燃ゆ」が第164回芥川賞を受賞し、今かなり注目されている方なんです。

とてもお若いのにすごいですよね。

今回は、宇佐見りんさんの経歴、出身高校や大学についてまとめました。

宇佐美りんの経歴プロフィール

宇佐美りん
名前 宇佐美 りん
生年月日 1998年生まれ(2021年度で22歳)
出身地 静岡県→神奈川県
受賞歴 2019年 「かか」で文藝賞を受賞

2020年 同作品で三島由紀夫賞を最年少で受賞

同年 第44回野間文芸新人賞候補に

2021年 「推し、燃ゆ」で第164回芥川龍之介賞受賞

とてつもない受賞歴ですね…!

そんな宇佐見りんさんは、1999年に静岡県生まれ、神奈川県で育ちました。

現在21歳(2021年12月)の現役大学生です。

幼少期から小説を書いていた

小学2年生の時、小説を書く授業があり、それをきっかけに短い物語をノートに書いていたそうです。

また、小学生の頃から「自分への手紙」というのを書き、それに自分で返事も書いていたそうです。

お母さんからも

「小説はあなたのライフワークになるかも。」

と言われていたそうで、すでに娘の才能を見出していたようなんですね。

高校卒業時に一人旅へ

宇佐見りんさんは、中上健次さんの作品が一番好きだそうで、

高校を卒業した春休みに、アルバイトで貯めたお金を全部使って、中上健次さんの作品に出てくる熊野に一人旅をしたそう。

中上健次さんの「19歳の地図」と「岬」に影響されたようなんですね。

すごい決断力です。

そして、その一人旅の後、「かか」を一気に書き上げました。

この「かか」文藝賞を受賞し、三島由紀夫賞を最年少で受賞されたのですから、本当に才能のある方なんだと思います。




宇佐美りんの学歴|出身中学・高校・大学はどこ?

宇佐美りん

こんなすごい才能の持ち主ですし、高学歴なのではないでしょうか。

公表はされていませんでしたが、情報はありましたのでまとめますね。

  • 中高一貫校
  • 高校では卒業論文があった
  • 中学高校では、演劇部に所属していたが途中で退部
  • 現在は大学生
  • 大学のサークルで演劇と歌舞伎研究会に入っている

中高一貫校で卒論があった、ということで、私立なのは間違いないですが

出身地の静岡なのか、それとも移り住んだ神奈川だったのかがわかりませんね。

もし、関東であれば、神奈川県や東京で卒業論文があり、演劇部もある中高一貫校は、

  • 慶應義塾高校
  • 立教女学院高校

の2校のようです。

それぞれのエピソードも紹介します。

中学時代は演劇部に所属

中学時代は演劇部に入部。

その仲間と自分が作った物語をメールで送り合っていたそうです。

青春、ていう感じいいですよね。




高校時代は苦しい時期もあった

高校時代には苦しい時期もあったそうで、日記を毎日つけていました。

ですが、ただの日記ではなく、客観的に書くことを心がけたそうです。

そういった中で、自然と小説を書こうという気持ちが起こってきたそうです。

また、中上健次さんや村上龍さんの小説を読むことで、心が安定していたそうです。

他にも、高校の現代文の先生の影響を受けていると語っていまいた。

その先生は、面白い授業をしてくれる方だったようで、教科書に載っているような一部抜粋したようなものではなく、書籍を1冊丸ごと扱って授業をしてくれたそうです。

宇佐美りんさんは、前期は梶井基次郎の「檸檬」、後期は夏目漱石の「こころ」をそれぞれ半年かけてボロボロになるまで読み込んだそうです。

ナイス現代文の先生!という感じですね。

高校卒業後は、前述の通り、バイトで貯めたお金を使って一人旅で決行。

鈍行で行ったので熊野はすごく遠かったです。仏像やお寺が好きなので奈良にも二泊して、散々巡って本当に楽しかった。自分にとっての卒業旅行でもあり、「かか」を書くのに必要な旅でもありました。文藝賞の締切が三月末なので、帰ってきて一気に書きました。実質一か月半くらいだと思います。
引用:https://www.bookbang.jp/review/article/594127

1ヶ月半で書き上げるなんて、才能の塊でしかないですね。

宇佐見りんさんは、ご自分の作品が賞をとったことで、

「一人じゃないんだな。」と思えることができるそう。

人々に読まれていることが分かり、自分は他人に必要とされている、と感じたのでしょうか。

本当によかったなと思います。

大学は演劇部と歌舞伎研究会に所属

大学は文学部に進学。

中高一貫校ということで、大学つきのエスカレーターでしょうか。

立女も慶應も大学がありますしね。

そこでは、辞めてしまった演劇部に入り直し、さらに歌舞伎研究会にも入ったそうです。

オンライン授業を受けながら、サークル活動もしながら

さらに執筆活動もされていて、本当にすごい方なんだなと感じます。

ところが、宇佐美りんさんにとっては、小説を書くことはストレス発散なんだそうです。




まとめ

今回は、宇佐美りんさんの経歴や学歴についてまとめました。

学生時代から才能あふれる宇佐美りんさん。

今後の活躍が期待されますね!

RELATED POST