×
バラエティ

【ブラタモリ】草彅剛の声が変!枯れてるのはなぜ?暗い元気がないと心配の声!

2020年2月1日、2月8日に2週にかけて放送された『ブラタモリ』の四万十川紀行では、タモリさんたちが高知県四万十川を訪問する中、ナレーションを務める草彅剛さんの声がガラガラでかすれており、元気がない、風邪なのでは?と心配の声が多く上がっていました。

今回は、『ブラタモリ』での草彅剛さんの声がなぜガラガラだったのか調査したいと思います!



『ブラタモリ』で草彅剛の声がガラガラ

『ブラタモリ』の冒頭、四万十川について説明する草彅剛さんの声がいつもよりも暗く、鼻声がかかったように聞こえた。その後も四万十川の風景を伝える場面でも元気がなく、声が掠れてガラガラになっていました。

視聴者からは風邪ひいているのでは、と心配の声が多く上がっていました。




草彅剛の声がガラガラなのはなぜ?

実は、草彅剛さんが主演を務める舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』が現在上映中で、その稽古のために声が枯れていたとのことなのです。

官能的で華麗なダンスや歌唱と、狂気がにじむ芝居で観客を圧倒。ウイが古谷演じるドッグズバローに「後ろ盾になってほしい」と頼むシーンでは、膝をついて懇願したかと思えば、「貴様を救えるのは俺だけだ」と高圧的な態度を見せるなど、草なぎは緩急ある演技で場の空気を支配した。

「セリフ量も膨大ですし、とにかくやることが多い」と苦労を明かす草なぎは、「先ほど劇場で通し稽古をやって、ようやく『ああ、こういう舞台なんだ』と理解しました(笑)
引用元:ステージナタリー

セリフ量も多く、ダンスや歌をこなす大変な舞台のようです。

声が枯れるのも納得という感じですね。



ネットでの反応

草彅剛さんの体調を心配する声もある中、掠れた声もかっこいいとの声も!





まとめ

草彅剛さんの声がガラガラなので体調が心配でしたが、舞台の影響であれば一安心ですね。

来週は草彅剛さんの素敵なナレーションが聞けることを楽しみにしています。




RELATED POST