×
バラエティ

【マツコ会議】コスプレ旅館石川荘はどこ?栃木県那須で鬼滅の刃のロケ地まとめ!

2020年1月25日放送の「マツコ会議」でコスプレ撮影歓迎の旅館が紹介されました。

旅館は、栃木県の那須にある「石川荘」とのことで、「鬼滅の刃」のコスプレ撮影も行われていました。

今回は、話題の「石川荘」についてまとめてみたいと思います。



コスプレ歓迎の旅館「石川荘」はどこ?

住所 〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本203-167
交通手段
  • 車の場合:東京から2時間半
  • 電車の場合:東京駅から那須塩原駅まで1時間10分、その後バスで40分、徒歩で10分、計2時間
駐車場 無料の駐車場あり

※冬は雪が降るため、車はスノータイヤ・チェーン装着必須です。

見た目は正直古そうで、流行っているのかな…という感じです。

ですが、売り上げ向上のために3年前からコスプレ撮影目的の利用客は割引料金で宿泊できるといった待遇の「コスプレプラン」を実施するようになり、冬場の閑散期でも売り上げが上がったそうです。

また、「石川荘」は、旅館や旅館の周囲で撮影できるだけなく、色々なロケ地(学校や神社など)で撮影ができます。

通常、ロケ地で撮影するには事前交渉が必要で、NGになることも多いのですが、旅館の娘である若女将が逐一地元の自治体に撮影の許可を取っており、事前交渉が必要がないためとてもスムーズに撮影することが可能です。




マツコ会議で撮影されていたロケ地はどこ?

殺生石

一面に岩石が転がり、荒涼とした風景が広がる景勝地。「九尾の狐」にまつわる伝説が残る史跡としても知られています。辺りには硫黄の匂いが立ち込め、独特の雰囲気を醸し出しています。
引用元:栃木県観光物産観光協会

殺生石には「千体地蔵」がズラーっと並び、独特の雰囲気があります。

アニメや漫画の舞台によっては、とてもマッチしたロケ地になると思います。

乙女の滝


幅約5メートル、落差約10数メートルの滝で、こじんまりしているものの滝壺近くまで行くことができます。

滝を間近に撮影できるのでダイナミックな写真が撮れること間違いなしです。

ツリークライミング

「石川荘」の特別企画で、ツリークライミングもできるそうです。

木の上での撮影ができるなんて夢のようです。

とても雰囲気のある写真が撮れそうですね。




その他撮影ができるロケ地まとめ

その他にもさまざまなロケ地で撮影することができます。

旧室野井小学校

引用元:http://biisuke0822.blog.fc2.com/blog-entry-3294.html

旧室野井小学校は、校庭と体育館が利用できるそう。

利用するには事前申請が必要のようです。

黒磯公園

石川荘から車で30分ほど。

桜の季節になると見事な桜並木をバックに撮影ができます。

とりっくあーとぴあ那須

とりっくあーとぴあ那須は、三つの館に分かれており、礼拝堂やトリックアートなどで撮影が可能。

ちょっとした面白ネタの撮影もできます。

戦国武将ショップ

模造刀などを持って撮影が可能。

戦国グッズも多く、行くだけでもテンションが上がってしまいそうです。

りんどう湖ファミリー牧場

ボートに乗ったり、乗馬も可能です。

夜はイルミネーションが綺麗なので、また違った撮影が楽しめるはずです。

こちらは、常時コスプレ入場可能ですが更衣室がなく、貸切バスや車での着替えが必要になります。

那須温泉神社


神社でも写真が撮れます。祭事の際は撮影NGになるようですが、コスプレ撮影ができる神社なんてそう多くないですよね。

冬場は雪が積もったりと季節によって異なる景色も楽しめると思います。

南ヶ丘牧場

こちらは「石川荘」まで徒歩で行けてしまいます。入園は無料ですし、広大な土地でのびのびと撮影ができそうですね。

ホテルサンバレー那須 太陽の教会

こちらは事前申請が必要ですが、教会での撮影も可能です。

セルフ結婚式もできそうですね。

那須ハイランドパーク

色々なアトラクションで撮影可能ですし、パーク内にいるだけでもテンションが上がりそうですね。




マツコ会議に出ていたレイヤーさんは?

実際に「マツコ会議」に出演されていたレイヤーさんたちです。

みんなとても素敵ですね。





まとめ

いかがでしたか。

「石川荘」さんはコスプレをする環境が整っており、かなり豊富なロケ地で撮影が可能なのでとても素敵な場所ですね。

季節ごとに色々な写真が撮影できるので、何度も訪れてみたいですね。



RELATED POST