×
トレンド

レコ大で豆柴の大群が倒れたのはクロちゃん指示?水ダウのやらせ?

レコ大で豆柴の大群が倒れたのはクロちゃんのやらせ?水曜日のダウンタウンが密着番組?

「第62回 日本レコード大賞」が2020年12月30日に行われました。

最優秀新人賞は真田ナオキさんが受賞しましたが、その発表時のステージ上で豆柴の大群のメンバーのミユキエンジェルが倒れる自体に。

ところが、本当に倒れたのではなく、演出だったということで、真田ナオキさんがせっかくの晴れ舞台が台無しになったと大炎上しています。

今回は、なぜあのように大袈裟に飛び跳ねて倒れたのか、誰の指示だったのかを調査しました。

【動画】日本レコード大賞で豆柴の大群のミユキいきなり倒れて炎上!

第62回日本レコード大賞の最優秀新人賞の発表で倒れる豆柴の大群第62回日本レコード大賞の最優秀新人賞の発表で倒れる豆柴の大群

少し暗くてわかりづらいのですが、最優秀新人賞に真田ナオキさんが選ばれた瞬間、画面右側にいた目豆柴の大群のメンバー1人がいきなり飛び上がりながら倒れました。

その後は、倒れたメンバーが、残りのメンバーに抱えられながら退場。

画像だと暗くてわかりにくいので、動画で見ていただいた方がいいかもしれません。

その後の関係者への取材では、

「面白い印象を残そうと、本人たちが考えたみたいです」

と演出だったことがわかりました。

倒れたメンバーのミユキさんは、舞台裏では問題無く元気にしていたそうです。

この一連の流れを見ていた視聴者からは、せっかくの真田ナオキさんの晴れ舞台が台無しになったと批判が殺到しています。

ネットの声

確かにこの時は、真田ナオキさんが一番注目されるすべき時だったにも関わらず、豆柴の大群の方に注目がいってしまいましたね。

この”やらせ”は、一体誰が考えたのでしょうか。




豆柴の大群のミユキが倒れたのは誰の指示?

考えられるのは、以下の4パターンがまずは考えられると思います。

  1. ミユキ本人
  2. グループメンバー
  3. 密着番組
  4. クロちゃん

まず、この演出は、安住アナウンサーの発言により、”密着番組向けの演出”だったことがわかっています。

「倒れたんですけど、心配されてる方がいらっしゃるかもしれませんが、番組の密着が入ってたみたいで、ちょっとお芝居で、そういう演出だったみたいですね」

そのため、関係者は「本人たちが考えた」と言ってはいましたが、

「何か面白いことをやれ」というような裏での指示があったと思いますし、①や②ではないでしょう。

気になるのが、密着番組がどこの番組だったかですよね。

ネットでは、「水曜日のダウンタウン」ではないかと噂されています。


というのも、豆柴の大群は、「水曜日のダウンタウン」の企画「MONSTER IDOL」から誕生したアイドルグループ。

安田大サーカスのクロちゃんがアドバイザーを務めています。

密着番組で、ぶっ倒れる演出があるとなると、もはやバラエティ番組の中での密着としか思えないですよね、

水曜だと考えてもおかしくないですよね。

また、ネットでもクロちゃんが関わっていたのではないかと、クロちゃんのツイッターなどに苦情を入れる人が殺到しました。

そのため、”倒れる”という選択を選んだのは、豆柴の大群かもしれませんが

「何か面白いことをレコ大中にやれ」という指示は、いずれにしても大人の思惑が関わっているように思います。

もし、新人賞に選ばれなかったとしても、このような話題を作り上げることで、みんなに覚えてもらえますよね。

いわゆる炎上商法。

豆柴の大群のメンバーも大人たちに翻弄されながら、頑張っているのかもしれません。




まとめ

今回は、豆柴の大群のレコ大での転倒事件は誰が指示したのかについて調査しました。

恐らくメンバーもここまで炎上するとは思ってはなかったのではないでしょうか。

新人賞を受賞された真田ナオキさんが少々不憫ですね。

RELATED POST