×
トレンド

【最新動画】藤井貴彦アナ名言コメントまとめ!コロナ禍の今心に響くと話題に!

2020年のコロナ禍で、報道番組「news every.」での藤井貴彦アナウンサーの言葉が心に響くと話題になっています。

今回はそんな藤井貴彦アナの名言をまとめたいと思います。

※毎日更新中です。

日テレ「news every.」での藤井貴彦アナウンサーの名言まとめ!

「news every.」では、藤井貴彦アナウンサーの自身の言葉で締めくくられるのですが、その言葉が視聴者の心に響くと話題になっています。

藤井アナの言葉が日々の活力になっている方も多いようです。

4月13日藤井アナ名言

何度もお伝えしていますが、この数字は2週間前の行動が反映されたものです。

2週間後の未来をみんなで作るために、このあとも引き続きご協力をお願いいたします。

4月15日藤井アナ名言

今日ですね、緊急事態宣言の発表からちょうど1週間になりますので

ここから先は少しずつ緊急事態宣言後の私たちの行動が形となって現れてくることですが

大切なのはその先です。

2週間後の未来を変えられるように今日もご協力をお願いいたします。

命より大切な食事会やパーティはありません。

どうぞよろしくお願いいたします。

4月16日藤井アナ名言

地域によっては医療従事者が同じマスクを何日も使っているうえ

感染した場合は、家族や子供がいじめの対象にもなるそうです。

また、休みをとれたとしても家族への感染を恐れて別の部屋で過ごしているということです。

今命を救う人が孤立しています。

当たり前だった医療体制への感謝とともに

医療従事者への心のサポートが今こそ必要です。

病院で働いているだけで厳しい目で見られる現実があるそうです。

医療従事者も1人の人間です。

初めて出会う患者を必死にすくっています。

冷たい視線は今すぐ温かい支援に変えなければなりません。

緊急事態宣言が全国に拡大されたとしても

魔法のようにコロナ感染が終息するものではありません。

ここからは、各都道府県に住む皆さんがそれぞれの努力を持ち寄って皆で押さえ込むことが大切です。




4月17日藤井アナ名言

過去を変えることはできませんが、まだ2週間後の未来を変えることができます。

希望のあるうちにぜひご協力をお願いいたします。

そしてこの週末も皆様のご協力をお願いいたします。

この土日、デリバリーや宅配業者を利用する方も多いと思いますけれども

受け取る人も届ける人もそれぞれの不安があると思います。

感染防止を徹底した上で一言、お互いに「ありがとう」と言えたらほっとするかもしれません。

たくさんのものを我慢してあきらめる日々を過ごしていますが

他人を思いやる心まで失わないでいること。これが大切です。

この週末も皆さんのご協力をお願いします。

感染者を減らすのは私たちしかいません。

そしてこの終息を目指す皆さんの努力は、10万円の価値をはるかに超えるものだと思います。

4月20日藤井アナ名言

今緊急事態宣言を受けて

自分を律している人ほど観光や遊びに出ている人を腹立たしく思うかもしれません。

しかしみなさんのような人達がいるからこそ欧米のような医療崩壊を防げています。

今は皆の足並みが揃わなくてもその姿勢は必ず誰かの行動を変えるはずです。

そして全国にはまだ感染者の少ない地域も多くあります。

不用意に生活エリアを越えた移動をしないこと

これが誰かのふるさとを守ることに繋がります。




藤井貴彦アナウンサーのプロフィール

名前 藤井貴彦(ふじい たかひこ)
生年月日 1971年12月3日(2020年4月現在48歳)
出身地 東京都新宿区出身

神奈川県横浜市旭区・綾瀬市で育つ

家族 2003年3月に結婚

2008年に第一子誕生

学歴 神奈川県立厚木高等学校

慶應義塾大学環境情報学部卒業

経歴 1994年に日本テレビに入社(同期に羽鳥慎一さん。)

スポーツ中継からバラエティ番組まで幅広いジャンルの番組で活躍

2010年に『news every.』のメインキャスターに就任




ネットの声

藤井アナの名言が心に響く人が続出しています。




まとめ

毎日我慢することも多く、悲しいニュースばかり飛び込んでくる昨今。

藤井貴彦アナの言葉は、そんな暗い気持ちを明るく照らしてくれるような希望の光になっています。

藤井アナの言葉を糧に今日も頑張りたいと思えますね。

RELATED POST