×
政治家

菅義偉の息子(長男)・菅正剛は東北新社勤務?バンドでプロを目指した過去も!

長年、安倍総理を支えてきた菅義偉さんですが、お子さんは3人で全員男性。

2020年現在全員30代で、3兄弟とも以下の通り経歴が素晴らしいのです。

今回は、菅義偉さんの3兄弟の中でも、キマグレンとバンドを組んでいたという長男・正剛さんの、学歴や勤務先についてまとめました。

菅義偉の家族構成!子供は3人息子!

まずは菅義偉さんの家族構成を見ていきましょう。

以下の通り5人家族となっています。

  • 妻:真理子夫人(67歳前後)
  • 長男:正剛(せいごう)(39〜40歳)
  • 次男:不明(35〜36歳)
  • 三男:達郎(たつろう)(34〜35歳)

※2020年現在の年齢

息子たちの年齢について

菅義偉さんの取材記事で、横浜市議選に初当選した際の息子たちの年齢は

「当時6カ月、3歳、6歳の3人の息子を抱えて」

と語っています。

一方、菅義偉さんの公式HPでは

「まだ子どもが3歳、1歳、1ヶ月と幼かったにも関わらず」

という表現になっています。

当時の写真(後述)には、長男と次男が写っていますが、6歳3歳が正しいように思います。

そのため、公式HPの情報は誤りではないかと言われています。

菅義偉さんは子どもには厳しく、いつも言っていたのは

「中学高校では運動部に入れ」。

政治家という仕事柄、家庭にあまりいられず十分な躾ができない。

部活に入れば、親の代わりとなって躾をしてくれる。

そうすれば、社会に出てもご飯くらいは食べていけるのでは、という考えがあったそうなんですね。

実際に3兄弟ともスポーツをしていて、長男は柔道、次男はサッカーからのアメフト、三男はバスケットボールからのアメフトをやっていたそうです。

そして、2020年現在、3人とも民間の企業に勤めています。

政治家として邁進する父の姿をみて、3兄弟のうち1人くらいは同じ道を進みそうなものですが、

菅義偉さんは「自分の子供を政治家にさせる気はない」と常々語っていることから、3人ともそれぞれの道に進んでいったようなのです。

それでは、長男について詳しく見ていきましょう。




【菅義偉の息子】長男の名前は菅正剛!元バンドマンで政治家を目指した過去も!

こちらは、1987年の横浜市議選の時の長男と次男の写真です。

当時はまだ6歳ということで、とても可愛らしいですね。

  • 名前:菅 正剛(すが せいごう)
  • 生年月日:1980〜1981 年生まれ(2020年現在39〜40歳)
  • 大学:明治学院大学

長男は、菅正剛(すが せいごう)さんという方。

週刊誌によると、2006年9月当時の年齢が25歳ということなので、2020年現在は、39歳になります。

大学は明治学院大学!

大学は明治学院大学を卒業しました。

高校時代は柔道されていましたが、一転バンド活動に力を入れていきました。

後で詳しく説明しますが、バンドはキマグレンのメンバーと組んでいたということで、真剣にメジャーデビューを目指していたのかもしれません。

キマグレンのメンバーとバンドを組んで活動!その後は大事秘書に!

正剛さんは元バンドマンで、菅義偉さんの総務大臣時代に秘書官をしていたことが週刊誌によってわかっています。

その記事がこちら。

2009年6月8日発売の週刊プレイボーイより2009年6月8日発売の週刊プレイボーイより

長男の正剛さんが秘書を務めていたのは、菅義偉さんが総務大臣として初入閣を果たした2006年9月から2007年7月の1年弱

この総務大臣秘書官という職業は、試験などはなく、大臣の申し出によって首相が任命するため、言ってしまえば”誰でも”なれるようなんです。

菅義偉さん自身、「息子たちに政治家をさせるつもりはない」と世襲に関してかなり批判的でした。

それにも関わらず、長男を自ら秘書にするなんて、公言していることとやっていることが違う…と感じますが、実情はそうではなかったようです。

実は、以前長男は「キマグレン」のメンバーとバンドを組んでいたようです。

キマグレンとは?

キマグレン左・KUREI 右・ISEKI

2人組の音楽ユニット。

2005年、地元の友人同士でキマグレンを結成し、2008年には2枚目のシングル「LIFE」が大ヒット。

同年のNHK紅白歌合戦にも出場しましたが、2015年に解散しています。

メンバーのISEKIさんは、菅正剛さんと一緒の明治学院大学出身です。

ISEKIさんはキマグレン結成の前にいくつかのバンド活動をしていたということなので、もしかすると、長男の正剛さんと以前にバンドを組んでいたのかもしれません。

ISEKIさんは、インタビューで活動歴を以下の通り語っていました。

高校生のとき組んでいたバンドで〈YOKOHAMA HIGH SCHOOL Hot Wave festival〉の決勝大会まで行ったんですけど、そのときもAORだったんです。その後はロック・バンドを組んで、レゲエのバンドをやって、キマグレンという流れで。

https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/iseki/1000001331

高校の頃のバンド→ロックバンド→レゲエバンド→キマグレン

当時所属していたロックバンドは、プロへの誘いもあるほど、将来有望なバンドだったそう。

練習が厳しく、音楽に対してストイック。

ISEKIさんは、自分の作った歌をけなされ、徐々に自信を失ってしまいました。

結局、そのバンドを辞めてしまいます。

先ほどの週刊誌の記事では、「バンドの人が体を壊して辞めて」とありましたが、これがISEKIさんのことであれば、

もしかすると長男の正剛さんは、プロ入りも確実視された将来有望なロックバンドに所属していたかもしれませんね。

結局、バンドが解散になったのかご自身も辞めたのか、プラプラすることになってしまいました。

そんな長男を見かねて、総務大臣秘書官に任命したのです。

  • バンドを辞めてプラプラしていたこと
  • 秘書官の期間が1年弱と短いこと
  • 現在は民間企業に勤めていること

以上のことから、菅義偉さんが「自分の子供を政治家にさせる気はない」というのは本当のことのようですね。

長男の現在の勤務先は東北新社?

菅正剛さんをネットで調べると、同姓同名の方が「東北新社」にいることがわかりました。

東北新社とは?

東北新社のロゴ。矢印は秋田を指している東北新社のロゴ。矢印は秋田を指している

CM制作や外国映画の日本語版制作で業界トップレベル。

衛星放送のチャンネル運営、映画の制作・配給も洋画の日本語版制作が発祥で映像全般に展開。

事業分野は映画配給、CS・BSチャンネルの運営、テレビ番組・映画製作など幅広く手がけています。

[/box04]

東北新社は、創業者が秋田県由利郡東滝沢村(現・由利本荘市)の出身。

偶然にも、菅義偉さんの出身も湯沢市で同じ秋田県です。

東北新社の創業者や後継者と菅義偉さんが知り合いで、口利きで長男が東北新社に入社

という仮説も考えられますね。

ただ、東北新社の「菅正剛」さんは、2020年5月の人事異動に部長職として載っているので、かなり上の立場の方のようです。

菅義偉さんの長男はまだ39歳と、部長職になるには少し若い気がします。

そのため、東北新社の「菅正剛」さんはただの同姓同名という可能性と十分あります。

菅義偉さんの長男であるとは断定はできないでしょう。

まとめ

今回は、菅義偉さんの長男・菅正剛さんについてまとめました。

キマグレンのメンバーとバンドを組んでいたということで、もしかしたらメジャーデビューして有名になっていた可能性もありますよね。

現在は民間企業に勤めているということですが、政治家になる道もあるのでしょうか。

気になるところです。