×
ドラマ

弱虫ペダル実写映画化のキャストがひどい?主役はキスマイ宮田がいいとの声も

2020年1月18日に、自転車競技を舞台にしたマンガ「弱虫ペダル」が実写映画化することが発表されました。映画公開日は、2020年8月14日とのことです。

すでに3名のキャストが発表され、主人公役に「 King & Prince」 (キンプリ)の永瀬廉さん、ライバル役に伊藤健太郎さん、ヒロイン役に橋本環奈さんが抜擢されています。

とても豪華なキャストで期待度も高いのですが、その一方、原作ファンからはキャストがひどい!「Kis-My-Ft2」(キスマイ)の宮田俊哉さんに主役をやってほしかった!などの声が上がっています。

今回は、話題の実写映画版「弱虫ペダル」のキャストについて、ひどいと言われる理由やネットでの評判について調査したいと思います。




実写映画版「弱虫ペダル」のキャスト一覧

現在わかっているキャストは以下の3名です。

小野田坂道 役 永瀬廉
今泉俊輔 役 伊東健太郎
寒咲幹 役 橋本環奈

特徴的なキャラが他にもいるので、どんな方がキャスティングされるのか非常に楽しみです。(「キモッ」と連呼する御堂筋くんなんて、どんな方が演じるのか。。)

すでにかなり豪華なキャストですが、なぜ”ひどい”と言われているのでしょうか?

実写映画版「弱虫ペダル」のキャストがなぜひどいと言われる?

「弱虫ペダル」の主人公である小野田坂道は、小柄でメガネ、ママチャリで秋葉原に行くようなオタクキャラです。

そんなキャラを、キンプリの永瀬廉さんのようなイケメンが演じることに解釈違いを起こしている方が多いようです。

こうやって並べてみると、確かに原作と永瀬廉さんの雰囲気は全然違うように思えます。

ネットでも解釈違いとの意見がかなり目立ちました。

また、坂道くんは、自転車に乗っているときに大好きなアニメ「ラブ☆ヒメ」のOP主題歌「恋のヒメヒメぺったんこ」を口ずさむ癖があります。

この歌を歌う永瀬廉さんが想像できないとの声も多くありますが、逆に自転車に乗りながら全力で歌う姿も見たいという意見もありました。

原作ファンにとっては、キャラの解釈違いを起こしてしまったことで”キャストがひどい”という意見が多くなってしまったようです。




主人公「小野田坂道」はキスマイ宮田がよかったとの意見も!

主人公の小野田坂道くんは、先ほども述べたように大のアニメオタク。

ジャニーズでもオタクで有名な「Kis-My-Ft2」(キスマイ)の宮田俊哉さんがいいとの声も多く上がっていました。

確かに宮田俊哉さんなら、「ヒメヒメぺったんこ」をめちゃくちゃ楽しそうに歌ってる様子が想像できます。

キレッキレッのヲタ芸も披露されていて、坂道君と通じるものがある気がします。




映画プロデューサーが語るキャストの起用理由

映画のプロデューサー寺西史さんは、キャストの起用理由を以下のように語っています。

■小野田坂道
映画の主人公の小野田坂道役を「誰が演じるといいのだろう」とずっと悩んでいた時に、永瀬廉さんをテレビで拝見して、「この人しかいない!」と強く思いました。「坂道」の持っている一生懸命さ、明るさ、そして芯の強さ。映画の中で描きたいと思っていた主人公が、永瀬さんの中にありました。永瀬さんの作り上げる小野田坂道が楽しみでなりません。
引用元:シネマトゥデイ

原作ファンとは異なる見解で、永瀬廉さんがぴったりとの理由でキャスティングされたようです。

確かに、私たちは普段アイドルでイケメンな永瀬廉さんしか見ていないため、オタク役がどうしても想像できません。

映画では、全力のオタク姿を見れるかもしれないと思うと今からワクワクですね。

ライバルが「今泉俊輔」なのも解釈違い?

ライバルが伊藤健太郎さん演じる「今泉俊輔」となっていますが、ライバルは彼ではなく「真波山岳」だということで、これも解釈違いになっているようです。

原作の今泉俊輔くんは、同じ高校で同じ学年のエース的存在でむしろ”仲間”です。

主人公の坂道くんは、山登りを得意とする「クライマー」なのですが、他校の同じくクライマーである真波山岳くんがライバルなのがファンの間の定説です。

実写映画でどこまでストーリーが進むのかが謎ですが、ライバルが真波山岳くんでないとすると、インターハイまでお話が進まない可能性もあるのでしょうか。

まとめ

今回は、実写映画「弱虫ペダル」のキャストが”ひどい”と言われる理由やネットでの反応を調査してみました。

舞台やドラマがよかっただけに、今回の映画は解釈違いが多くて不安もありますが、新たな「弱虫ペダル」が見られるかもしれません。

今後の追加キャスト発表や情報解禁が楽しみですね。




 

RELATED POST