×
トレンド

【放送事故映像】「マンホール」を言い間違えたアナは誰?大熊英司の過去もやばい!【テレ朝・ぷっすま】

2020年2月8日、テレビ朝日のニュース番組で「マンホール」を言い間違える放送事故が発生しました。

言い間違えたアナウンサーは大熊英司アナということで、彼の過去の放送事故などをまとめてみたいと思います。



大熊英司アナが「マンホール」を言い間違える放送事故!

確かに言い間違えていますよね…!

言い間違えてから本人の焦りが見えます。




「ぷっすま」大熊英司アナのプロフィール

『ぷっすま』に出演されていたアナウンサーということで、声や顔に見覚えのある人も多いかと思います。

生年月日 1963年9月5日 (56歳)
学歴 名古屋市立菊里高等学校卒業後、一橋大学を経て1987年にテレビ朝日に入社
経歴 土日の朝・昼のニュース番組を担当するほか、バラエティ番組の司会など2001年4月から2018年3月にかけて『ぷっすま』に出演
好きな女性のタイプ 相武紗季さん




【映像】大熊英司アナの過去の放送事故

〇ックスと言い間違えてしまう…

韓国に日本が大敗と誤報

2009年3月8日正午前のニュースで、前日に行われたワールド・ベースボール・クラシックの結果(日本が韓国に14対2で勝利した試合)を報じる際、テロップには”WBC日本が韓国に圧勝!”とあったが、「日本は宿敵韓国に大敗しました」と満面の笑みを浮かべて誤報。番組内での訂正も行わなかったが、『キャラ☆キング』のDVD発売記念イベントに登場した際、「さっきニュースを読んだのですが、『(WBCで)日本が韓国に“大敗”した』と読んじゃいまして…。こんな風に落ち込むことがあっても元気になれるDVDです」と自虐した。
引用元:ウィキペディア




まとめ

今回は、驚きの言い間違いをしてしまった大熊英司アナについてまとめてみました。

過去にもいろいろとやらかしていたようです。今後も放送事故が起きることがありそうですね!




RELATED POST