×
人物

高木椋太の経歴wikiプロフィール!コロナで持病はあった?

シャンソン歌手の高木椋太さんが新型コロナウイルス感染のため5月2日に亡くなられました。

4月7日にコロナ陽性反応がでて1カ月弱。

かなりつらい思いをされたことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

今回は、高木椋太さんの経歴やプロフィール、持病があったかなどについて調査します。

高木椋太の経歴wikiプロフィール!

名前 高木椋太
本名 安永達史
生年月日 1962年4月17日(58歳)
出身地 東京都
学歴 東京学芸大学付属高校

北海道大学水産学部

経歴 雑誌編集者を経て、シャンソン歌手へ。

1997年:第19回アマチュアシャンソンコンクールで歌唱賞を受賞

2000年より:「シャンソンの祭典 パリ祭」に出演

2003年:アルバム「あの空へ!~IL CIELO」を発売

2012年:アルバム「あの道へ! ~La strada」を発売

幼少の頃より教会の聖歌隊で歌っており、高校時代には部活でオペラを歌っていました。

さらに大学時代は男声合唱団に所属しました。

大学卒業後は一旦、出版社に就職し雑誌編集者をしていましたが、しますえよしおさんとの出会いによりシャンソン界へ転身。

1997年第19回アマチュアシャンソンコンクールで歌唱賞を受賞し、

以来、全国各地のコンサートやディナーショー、イベントに出演しました。

アルバムも「あの空へ!~IL CIELO」・「あの道へ! ~La strada」2枚出しています。

2000年から続く「高木椋太コンサート」は、今年(2020年)も10月17日に行う予定だったそうです。

実際の歌声はこちら。

とても美しい声ですね…。




高木椋太さんがコロナで死去!持病はあった?

高木椋太さんは4月1日に発熱、6日に川崎市内の病院に入院。

7日に新型コロナウイスの陽性が判明していました。

その後、5月2日に58歳という若さで亡くなられました。

約1カ月ほどコロナに苦しんだということになります。

高木椋太さんに持病はあった?

コロナで亡くなる方は、高齢の方や基礎疾患がある人が多いと言われていますよね。

高木椋太さんはまだまだお若いですし、なにか持病があったのでしょうか。

SNSでの情報によると、3月31日まで活動をされていた様子。

もともと入院するほどの病気は抱えていないようですね。

大病ではなく、喫煙者だった、とか高血圧だった、などがあったのかもしれませんね。



ネットの声

感染から1ヶ月も経って亡くなられるとはなんともいたたまれない。。。長い闘病生活となり、ご家族やご友人もさぞかしお辛いことと思います。
ご冥福をお祈りいたします。

歌手だったら、肺活量ありそうだし、喉に悪いタバコやアルコールはそんなにやらないと思うけど、怖いなぁ。

まだ若いのに、コロナウイルスの犠牲になるなんて

ご冥福をお祈りします

才能がある方がコロナで命を落とすのは残念だと思います。

昨日、自粛延長が出たばかり。
経済的な補償の課題もあるけれどもとにかく早めに経済活動再開出来るように各自が気を付けたいですね。




まとめ

誰でも重症化の可能性がある新型コロナウイルス。

また1人、素晴らしい才能の持ち主の方が亡くなってしまいました。

自分はかからない、などとは思わず1人1人が気を付けていく必要があると思います。

ご冥福をお祈りいたします。

RELATED POST