×
ドラマ

【アンサングシンデレラ】ありえない&あんな薬剤師いないと批判殺到!看護師・医師下げがひどい!

石原さとみさんが主演を務めるドラマ『アンサング・シンデレラ』が2020年7月16日に放送になりました。

初回の放送からTwitterのトレンド1位を獲得するなど、とても話題になっていますね。

ドラマは、薬剤師をスポットに当てた今までにないドラマとなっており、その分反響も大きいのですが、”あんな薬剤師いない”などの声も多く上がっているようなのです。

確かに、素人目で見てもこんなことある?と突っ込みを入れたくなるシーンもありました。

今回は、『アンサング・シンデレラ』の設定はありえないのか?調査しました。

ドラマ『アンサングシンデレラ』の内容まとめ

ドラマ『アンサング・シンデレラ』では、薬剤師の仕事は以下の3つと語っていました。

  • 医師への薬の確認
  • 患者への薬の服用指導
  • 調剤

では、なぜ「あんな薬剤師いない」と言われているのでしょうか。

問題のシーンを見ていきましょう。

※病院によっても薬剤師の仕事の範囲が違うようなので、一概に「薬剤師はこんなことやらない!」というわけではありませんのでご了承ください。

第1話①:薬剤師が心臓マッサージ

第1話の冒頭で、薬剤師である葵みどり(石原さとみ)が心臓マッサージをするシーンがありました。

救急センターに、蜂に刺されてアナフィラキシーショックを引き起こした急患が運ばれ、女医の豊中瑠衣(臼田あさ美)が治療にあたる中、葵みどりは投薬のサポートを行っていました。

患者は、アドレナリンの注射を打っても効かず、心配停止に陥りかなり危険な状態で、薬剤師のみどりは心臓マッサージを施していました。

その後、みどりは患者が日常服用している薬に気づき、それを女医に報告したことで、患者の心拍は回復。

薬剤師が患者を救ったというストーリーでした。

これに対し、実際に病院で働く人からは”ありえない”という発言が多くありました。

ありえないポイント
  • 救急に薬剤師が現れることはない
  • 心臓マッサージや記録、アドレナリン程度の薬剤準備は看護師の仕事




第1話②:薬剤師が医師に直接疑義照会

薬剤師が、直接医師へ疑義照会をしに行ったことにも違和感があるようです。

あるとき、みどりは、産婦人科医の林雅樹(飯田基祐)の処方箋に疑問を抱き、すぐに疑義照会の電話をしましたが繋がりませんでした。

疑義照会とは、処方箋を出した医師への照会のことですね。

すでに診療も終わっており、どうにかして話をしたいみどりは、食堂にいるという林医師を捕まえて、間違いを指摘しました。

すると、林先生は怒りをあらわにしながら「そんぐらいそっちで訂正しておいてよ。」と言ってきました。

さらに、「まあ薬剤師は医者がいないと何も出来ないか。」と捨て台詞まで。

最終的には、薬剤師であるみどりが医師の間違いを正すことができた、というストーリーでした。

みどりは、”薬剤師は患者さんの最後の砦”という信念のもと、働いているようなのです。

このシーンでのあり得ないポイントはこちら。

ありえないポイント
  • 基本疑義照会は電話
  • 疑義照会も直接医師への連絡ではなく事務担当や看護師への連絡も多い

ただ、疑義照会に関しては、薬剤師に助けられることもある、ということで感謝するツイートもありました。

第1話③:薬剤師が勝手に診断

ある当直の日の夜、みどりは研修医の道場健太郎(前原滉)から妊婦が片頭痛を訴え、薬を投与したが効いていないという相談を受けます。

みどりは薬が効いていない原因を「HELLP症候群」ではないかと、疑います。

いてもたってもいられず、妊婦のもとに向かい、助産師とともに血圧を測ったり、嘔吐処理など手伝いをしていました。

そこへ例の林医師が来て、「患者に処置していいのは医者だけなんだよ。」と、みどりの行為に怒りを爆発させていました。

最初は、みどりの診断を突っぱねつものの、最終的に林医師が折れ、「HELLP症候群」として処置にあたったのでした。

このシーンでのあり得ないポイントはこちら。

ありえないポイント
  • 研修医が薬剤師に相談することはない
  • 嘔吐処理など患者に対する処置はしない
  • 薬剤師が診断することはない

公式サイトでは、診断をしたわけではない、との見解が出ていますが、多くの視聴者はこの描写を診断したと感じたようですね。

今後もストーリーが進んで、ありえないシーンが増えたら更新しようと思います。




『アンサング・シンデレラ』の批判殺到理由は看護師・医師下げにあった?

『アンサング・シンデレラ』の意味は、「アンサング ヒーロー」=「縁の下の力持ち」という言葉と、主人公が女性でである、「シンデレラ」に由来しているそうです。

薬剤師は医療現場を陰で支える存在、という意味ですね。

ただ、この「アンサング・シンデレラ」の意味を誇大化してしまったせいで、”ありえない”と言われてしまったわけです。

薬剤師が主役のドラマなのだから、多少の美化や誇大化は致し方ないのかな、とも思いますが、

実際とはかなり乖離があり、誇張されすぎている。

そして、薬剤師が美化されていることによって、反対に看護師や医師下げが起きていることにイライラしてしまう人が多いみたいですね。

SNSでも、実際の看護師や医師の方からの反論が多いです。

薬剤師の仕事を知るいい機会にも

批判が目立ちますが、薬剤師の仕事を知るいい機会になる、と肯定的な意見もありました。

たとえフィクションだったとしても、多くの人に薬剤師のやっている仕事がわかるのはいいことかもしれませんね。




まとめ

今回は、『アンサング・シンデレラ』の内容への批判について調査しました。

実際の医療従事者からは、批判が集まってしまいましたが、基本的にお仕事ドラマってどこかフィクションというか、少なからず盛っている部分はあると思います。

そこは割り切って、薬剤師の仕事について知るいい機会ということと、単純に石原さとみさんと西野七瀬さんの可愛さを楽しむドラマなのかもしれませんね。

アンサングシンデレラ|病院・薬局のロケ地はどこ?横浜や外語大が撮影場所?2020年4月期のドラマ『アンサングシンデレラ』は、今までにない薬剤師が主人公のドラマ。 薬剤師といっても、薬局の薬剤師ではなく総...
【画像】田中圭と石原さとみが仲良し!きっかけはドラマ共演?エピソードまとめ!2020年4月9日(木)スタートのドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』で石原さとみさんと田中圭さんが共演します。 ...
アンサングシンデレラ2話ゲスト!親子役まりえは大後寿々花・大宮は小林隆!石原さとみさんが主演を務めるドラマ『アンサング・シンデレラ』が2020年7月16日に放送になりました。 初回の放送からTwitterの...
RELATED POST