×
人物

奥平大兼の経歴!演技力や中学高校は?運動神経が抜群すぎる!

スターダスト所属の新人俳優である奥平大兼さん。

長澤まさみさん主演の「MOTHER」で息子役を演じるとあって話題沸騰中です。

今回はそんな彼の学校や経歴などを調査しました。

奥平大兼の経歴プロフィール


https://www.stardust.co.jp/section2/profile/okudairadaiken.html

名前 奥平大兼(おくだいら だいけん)
生年月日 2003年9月20日(2020年4月現在16歳)
出身地 東京都
身長 172cm
事務所 スターダストプロモーション
経歴 2020年夏:映画「MOTHER」
趣味 芸術鑑賞
洋楽・クラシック
ピアノ
特技 バスケットボール(中学3年間)
空手(6~12歳)初段

奥平大兼さんの芸能界入りのきっかけは、中学1年の時、友人と一緒に遊んだ帰り、渋谷駅の改札で事務所から声をかけられたことだったそうです。

2018年夏、中学3年のバスケットボール部の引退後から芸能活動を始め、

同年11月に「勉強のために」と初めて受けたオーディションで映画「MOTHER」の大役をつかみ取りました。

当時のことを本人は

「机には選考書類が山積みだったので、絶対に受かるわけがないと思っていた。うれしさよりも驚きの方が大きかったです」

と語っています。

運動神経抜群!

奥平大兼さんは、運動神経が抜群のようです。

6歳のときから空手を始め、12歳の6年間も続けました。

素晴らしい成績を収めていて、「初段」なんだそうです。

  • 2012年 全国武道空手道交流大会「形」優勝
  • 2013年 全国武道空手道交流大会「形」3位
  • 2014年 全国武道空手道交流大会「形」準優勝

また、中学時代は部活でバスケをしていました。

運動とは関係ないですが、ピアノも小学6年生から1年間習っていたそうです。

才色兼備なんですね。




奥平大兼の演技力は?

奥平大兼さんは新人さんなので演技力が気になるところですが…。

映画の予告を見るととても魅力的というか色気のある演技なんですよね。

声に色気があるんでしょうか。

演技については、クランクインの1カ月前から大森監督のマンツーマン指導を受けたそうです。

長澤まさみさんとは、初対面はとても緊張してまともに話せなかったそうですが

長澤さんのおかげで本物のお母さんとしゃべっている感覚になれたそうで、リラックスして演技ができたようですね。

今回の映画「MOTHER」は、実際に起きた少年による祖父母殺害事件をモデルにした映画。

祖父母を殺めるシーンでは、カット割が多く何度も殺すシーンを演じたそうです。

精神的にはかなりきつかったようですが、

「3分ぐらい目をつぶって黙っていれば、集中できる。失敗できない競技だったので、そこで鍛錬されました」

幼少期から習った空手のおかげで、集中力を切らすことはなかったそう。

監督も評価

大森監督も演技の中で嘘をつかなったと奥平大兼さんを評価しています。

「彼が偉かったのは、演技の中で嘘(うそ)をつかないことをやり通せたこと。素直だからこそ、嘘をつくのは嫌だという感覚が本人にあって、そのために、自分がそこでどういう気持ちにならなければいけないのかという作業を、撮影中の彼は常にしていたと思います」

奥平大兼さんも、この撮影を通して成長することができたと話されています。




奥平大兼の学歴!中学や高校は?

奥平大兼さんの中学や高校などの情報はありませんでした。

出身地は東京で、渋谷でスカウトされているので中学も高校もそのあたりなのではないでしょうか。

また、中学生の時にスカウトされているので、高校は芸能活動を見据えて選択されているのではないでしょうか。

なにかわかれば追加しますね。




ネットの声

早くも期待の声が多く上がっています。

今後の活躍が楽しみな俳優さんですね。

声が良い。 最近のアイドル俳優さんは日常生活でそんな声の出し方しないだろ、演技してるって感じがする人多かったけど、久々に”居る”って声を聞いた!武器だと思う。

やっと最近の映画界、ジャニーズとかLDHとかアイドル俳優とか秋元グループじゃなく、無名の新人さんを使い始めましたね。
しかもちゃんとオーディション。
事務所の力とかに媚びないのがいいですね。
やっぱりパラサイト とかの影響が大きいのかな。あれは日本映画界には衝撃だっただろうね。これからの日本映画がいい風向きに変わるといいね。

RELATED POST