×
人物

佐藤バラン伊里(佐藤芹香)の評判は?経歴詐称疑惑?楽天PCR検査キット開発

2020年4月28日、文春砲によると楽天が法人向けに販売を開始した新型コロナウイルスのPCR検査キットを開発・製造する

「ジェネシスヘルスケア」の佐藤バラン伊里・代表に、なんと過去に経歴を詐称していた疑惑が浮上しているとのこと。

このことを受けて、楽天が退任させる方向で調整しているようです。

今回は、佐藤バラン伊里さんの経歴についてまとめたいとおもいます。

佐藤バラン伊里が公表の経歴プロフィール


https://president.jp/articles/-/19768

  • 生年月日:1969年生まれ(50歳)
  • 学歴:米国コーネル大学で政治学部と医学部を同時専攻し、帰国後早稲田大学大学院のアジア太平洋研究科博士を修了
  • 経歴:クレディスイス投資顧問会社で日本株ファンドマネージャー、シニアアナリストとして従事
  • UBS証券会社のプライベートエクイティを行うUBSキャピタル部門のディレクターとして従事
  • 高機能自閉症の子供の病気を改善したいという願いから、ジェネシスヘルスケア株式会社を共同創業

ものすごく華麗な経歴の持ち主ですが、この方、文春砲によると、昔『世界一受けたい授業』などにも出演していた、

佐藤芹香さんと同一人物ではないか?

との疑惑が出ているのです。




【文春砲】佐藤芹香の経歴詐称疑惑

佐藤芹香さんが提唱する「遺伝子ダイエット」は、日本人の大半が持つ三種類の肥満遺伝子の変異から体質や性格を分析し、独自に研究したダイエット理論なんだそう。

そんな佐藤芹香さんに経歴詐称疑惑が2016年11月に文春により報道されました。

佐藤芹香さんが公表していた経歴はほぼ佐藤バラン伊里さんと一緒。

  • 現在36歳(2006年の話なので現在は50歳で一致)
  • 1991年米国コーネル大学政治学部および医学部を卒業。早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学部修士(MBA)、同大学大学院博士後期課程(PhD)修了。
  • 2000年からUBSキャピタル(プライベートエクイティ)部門の在日責任者
  • 2004年日本ウェイトマネージメント(現・ジェネシスヘルスケア)を設立。

ジェネシスヘルスケアを設立、という時点で佐藤バラン伊里さんと佐藤芹香さんは同一人物ですね。




医者じゃないうえにコーネル大学も出ていない?

21歳でコーネル大学の医学部と政治学部を卒業したとありますが、飛び級制度があるアメリカでもかなり不自然なようです。

21歳で卒業が本当だったらめちゃくちゃ天才ですよね。

本人の言い分をまとめると以下の通り。

※嘘だと思われる部分は赤字で記載しています。

  • 医師でありながら、遺伝学の学者。
  • 小五と高一で飛び級し、15歳で大学生になった。
  • 政治学に興味があったが、親が医者になれというので、6年間をジョイントプログラムにした。
  • 医学部卒業と政治学部を同時に卒業。
  • アメリカは医学部を卒業したら、全員医者になれる。
  • 現役の心臓外科医としてコーネル大の付属病院で、年間30件くらい手術している。多い時は年間2、300件は手術。
  • 日本で手術しないのは会社の資金をアメリカで稼いでいるから。日本での医師免許を持っていないから。
  • 動脈硬化のバイパス手術が得意。アメリカでのニーズがあって対価も高い。
  • 心臓外科の分野には肥満患者が多いので、肥満遺伝子の研究を始めたのが、遺伝子ダイエットのきっかけ。
  • 夫は外国人で、夫の仕事で日本に帰国。ののんびり子育てをする。
  • 遺伝子のことを教えてくれないかと声がかかり、東大の非常勤講師をする。
  • 遺伝子研究でノーベル医学賞ではなく、ノーベル平和賞を狙いたい。

ほぼ嘘で塗り固められているのですが…。

時系列があまりわからないのですがまとめると

佐藤芹香の自称する経歴まとめ

コーネル大学の医学部と政治学部を同時に卒業

コーネル大学の付属病院で多い時は年間2、300件は手術。

夫の関係で日本に帰国しのんびり子育て。

会社を設立し、遺伝子に関する研究を続ける。

会社の資金のためコーネル大の附属病院で年間30件くらい手術。

日本でも東大などで非常勤講師を務める。

コーネル大学も出ていないし東大の非常勤講師でもなかった!

さきほどの主張をそれぞれ見ていきましょう。

  • 医師でありながら、遺伝学の学者。
  • 小五と高一で飛び級し、15歳で大学生になった。
  • 政治学に興味があったが、親が医者になれというので、6年間をジョイントプログラムにした。
  • 医学部卒業と政治学部を同時に卒業。

コーネル大学より「当該人物は我が大学の在校生でも卒業生でもない。MD(医師免許)も保有していない」との回答あり。

  • アメリカは医学部を卒業したら、全員医者になれる。

アメリカにも医師の国家試験はある

  • 現役の心臓外科医としてコーネル大の付属病院で、年間30件くらい手術している。多い時は年間2、300件は手術。
  • 日本で手術しないのは会社の資金をアメリカで稼いでいるから。日本での医師免許を持っていないから。
  • 動脈硬化のバイパス手術が得意。アメリカでのニーズがあって対価も高い。

コーネル大学医学部の心臓外科医の責任者より「そんな女性の名前は聞いたこともないし、そういう女性がいたこともない!現在私のもとに心臓外科医は数人しかいないし、日本人の、しかも女性の医師ならば過去から現在まで、絶対に忘れるはずはない。」との回答あり。

  • 遺伝子のことを教えてくれないかと声がかかり、東大の非常勤講師をする。

東京大学より「医学部と薬学部に照会をかけましたが、佐藤芹香という人間に教鞭を取らせている事実はなく、非常勤講師としても採用した実績はない」との回答あり。

最終的には、私は心臓外科医というよりも、遺伝子の研究者という始末。

いやいや、年間300件の外科手術するプロが外科医ではなく遺伝子の研究者って…、ていう感じですね。

これは本人がきちんと証明することができない限り、疑いは晴れません。




佐藤バラン伊里の評判は?

現在、楽天のPCR検査キット開発の代表者。

楽天関係者は、佐藤さんを退任させる方向で調整しているようです。

医者でもない人が、PCR検査キットを開発しているってやばいですよね…。

RELATED POST